dev プロパティ

  • タイプ: ブーリアン
  • デフォルト: true

Nuxt.js の開発モードなのかプロダクションモードなのかを指定します。

このプロパティは nuxt コマンド によって上書きされます:

  • nuxt コマンドを使うときは dev は強制的に true になります
  • nuxt buildnuxt startnuxt generate コマンドを使うときは dev は強制的に false になります

このプロパティは Nuxt.js をプログラムで使う ときに合わせて使うと良いです:

例:

nuxt.config.js

module.exports = {
  dev: (process.env.NODE_ENV !== 'production')
}

server.js

const Nuxt = require('nuxt')
const app = require('express')()
const port = process.env.PORT || 3000

// Nuxt.js をオプションを使ってインスタンス化する
let config = require('./nuxt.config.js')
const nuxt = new Nuxt(config)
app.use(nuxt.render)

// 開発モードのときのみビルドする
if (config.dev) {
  nuxt.build()
  .catch((error) => {
    console.error(error)
    process.exit(1)
  })
}

// サーバーを Listen する
app.listen(port, '0.0.0.0')
console.log('Server listening on localhost:' + port)

それから package.json に次のように書きます:

{
  "scripts": {
    "dev": "node server.js",
    "build": "nuxt build",
    "start": "cross-env NODE_ENV=production node server.js"
  }
}

情報: 上の例を動かすためには npm install --save-dev cross-env を実行する必要があります。もし Windows で開発しているの でない ならば、start スクリプトから cross-env を削除して、直接 NODE_ENV をセットすることもできます。

間違いを見つけた、またはドキュメントに貢献したいですか? GitHub でこのページを編集する