plugins プロパティ

  • タイプ: 配列
    • 要素: 文字列 または オブジェクト

オブジェクトの場合にはプロパティは次のとおり:

  • src: 文字列(ファイルパス)
  • injectAs: 文字列(デフォルトは false設定されている場合は、エクスポートされたプラグインのオブジェクトが、ルートのアプリケーションとコンテキストに挿入されます
  • ssr: ブーリアン(デフォルトは truefalse のときは、クライアントサイドでのみファイルがインクルードされます

plugins プロパティを使うと Vue.js プラグインをメインアプリケーションに簡単に追加できます。

例(nuxt.config.js):

module.exports = {
  plugins: ['~plugins/vue-notifications']
}

それから plugins/vue-notifications.js ファイルを作る必要があります:

import Vue from 'vue'
import VueNotifications from 'vue-notifications'

Vue.use(VueNotifications)

plugins プロパティで設定されたパスはすべて、メインアプリケーションが初期化される前に インポート されます。

Vue.use() を使う必要があるときは毎回 plugins/ 内にファイルを作成し、そのパスを nuxt.config.js 内の plugins に追加する必要があります。

plugins の使い方をより深く理解するには ガイド を参照してください。

間違いを見つけた、またはドキュメントに貢献したいですか? GitHub でこのページを編集する