コンテキスト

context は Nuxt から Vue コンポーネントへ追加のオブジェクト/パラメータを提供します。contextasyncDatafetchpluginsmiddlewaremodules そして nuxtServerInit のような特別な nuxt ライフサイクル内で利用可能です。

利用可能なキー

注意: このコンテキストは、build.extend 関数に渡されるコンテキスト ではありません

context で使用可能なキーのリスト:

キー 使用可能な環境 説明
app ルートの Vue インスタンス クライアント及びサーバー すべてのプラグインを含むルートの Vue インスタンス。 たとえば、axios を使用する場合、context.app.$axios から $axios にアクセスすることができます。
isClient Boolean クライアント及びサーバー 廃止予定process.client を使用してください。クライアントサイドからレンダリングしているかどうかを知らせます。
isServer Boolean クライアント及びサーバー 廃止予定process.server を使用してください。サーバーサイドからレンダリングしているかどうかを知らせます。
isStatic Boolean クライアント及びサーバー 廃止予定process.static を使用してください。nuxt generate 経由で生成された静的アプリ内か否かを知らせます。
isDev Boolean クライアント及びサーバー 開発モードであるかどうかを知らせます。このキーはプロダクションの一部のデータをキャッシュさせるのに便利です。
isHMR Boolean クライアント及びサーバー メソッド/ミドルウェアが webpack の hot module replacement(開発モードでのクライアントサイドに限る)から呼び出されたかどうかを知らせます。
route Vue Router Route クライアント及びサーバー Vue Router のルートインスタンス
from Vue Router Route クライアント ナビゲーションされる前の現在のルート
store Vuex ストア クライアント及びサーバー Vuex ストアのインスタンス。vuex ストアを設定している場合にのみ使用可能
env Object クライアント及びサーバー nuxt.config.js で設定された環境変数。env api を参照してください。
params Object クライアント及びサーバー route.params のエイリアス
query Object クライアント及びサーバー route.query のエイリアス
req http.Request サーバー Node.js サーバーからのリクエスト。Nuxt がミドルウェアとして使用されている場合、使用しているフレームワークによってリクエストオブジェクトが異なることがあります。
nuxt generate からは使用できません
res http.Response サーバー Node.js サーバーからのレスポンス。 Nuxt がミドルウェアとして使用されている場合、使用しているフレームワークに応じてレスポンスオブジェクトが異なることがあります。
nuxt generate からは使用できません
redirect Function クライアント及びサーバー このメソッドを使用するとユーザーを別のルートにリダイレクトさせます。ステータスコードはサーバーサイドで使用され、デフォルトは 302 です。redirect([status,] path [, query])
error Function クライアント及びサーバー このメソッドを使用するとエラーページ:error(params)を表示します。paramsstatusCodemessage の 2つのプロパティを持つ必要があります。
nuxtState Object クライアント Nuxt の状態は、beforeNuxtRender を使ってクライアントサイドの nuxt の状態を取得するプラグインに便利です。universal モードでのみ使用できます
beforeNuxtRender(fn) Function サーバー このメソッドを使用するとクライアントサイドでレンダリングされた __NUXT__ 変数がアップデートされます。fn(非同期にすることができます)は { Components, nuxtState } と共に呼ばれます。詳細はを参照してください。

間違いを見つけた、またはドキュメントに貢献したいですか? GitHub でこのページを編集する