Nuxt Internals

Nuxt.js には開発者が Nuxt Core の好きな部分を柔軟な API を使って拡張するための十分にモジュール化された仕組みがあります。

自分でモジュールを作ってみたいのなら、詳しくは モジュールガイド をご覧ください。

このセクションは、Nuxt の内部に慣れ親しむためにあり、自分でモジュールを書くときに理解を深めるためのリファレンスとして使えます。

コア

これらのクラスは Nuxt の Nuxt の中核にあり、実行時もビルド時も存在しなければなりません。

Nuxt

Renderer

ModuleContainer

ビルド

これらのクラスはビルドあるいは開発モードのためだけに必要です。

Builder

Generator

共通

Utils

Options

パッケージの使い方

Nuxt はすべてのクラスをデフォルトでエクスポートします。これらを得るには:

const { Nuxt, Builder, Utils } = require('nuxt')

よくあるパターン

すべての Nuxt クラスは nuxt インスタンスとオプションへの参照を持っています。 これにより optionsnuxt にアクセスするための一貫した API を実現しています。

class SomeClass {
  constructor (nuxt) {
    super()
    this.nuxt = nuxt
    this.options = nuxt.options
  }

  someFunction() {
    // We have access to `this.nuxt` and `this.options`
  }
}

クラスは「プラグ可能」であるので、追加のフックを登録する場合はメインの nuxt コンテナにプラグインを登録します。

class FooClass {
  constructor (nuxt) {
    super()
    this.nuxt = nuxt
    this.options = nuxt.options

    this.nuxt.callHook('foo', this)
  }
}

foo モジュールにフックするにはこうします:

nuxt.hook('foo', foo => {
    // ...
})

間違いを見つけた、またはドキュメントに貢献したいですか? GitHub でこのページを編集する