nuxt.render(req, res)

nuxt.render を使うと、Node.js サーバーのミドルウェアとして Nuxt.js を使うことができます。

Express と一緒に使う例:

const { Nuxt, Builder } = require('nuxt')

const app = require('express')()
const isProd = (process.env.NODE_ENV === 'production')
const port = process.env.PORT || 3000

// Nuxt.js をオプションとともにインスタンス化する
const config = require('./nuxt.config.js')
config.dev = !isProd
const nuxt = new Nuxt(config)

// すべてのルートを Nuxt.js でレンダリングする
app.use(nuxt.render)

// ホットリローディングする開発モードのときのみビルドする
if (config.dev) {
  new Builder(nuxt).build()
  .then(listen)
  .catch((error) => {
    console.error(error)
    process.exit(1)
  })
}
else {
  listen()
}

function listen() {
  // サーバーを Listen する
  app.listen(port, '0.0.0.0')
  console.log('Server listening on `localhost:' + port + '`.')
}

ミドルウェアの終わりに nuxt.render を呼び出すことをお勧めします。nuxt.render は Web アプリケーションのレンダリングを処理し、next() を呼び出さないからです。

間違いを見つけた、またはドキュメントに貢献したいですか? GitHub でこのページを編集する