static

static ディレクトリはサーバルートに直接マッピングされ、また変更されない可能性があるファイルが含まれています。含まれている全てのファイルは Nuxt によって自動で提供され、プロジェクトのルート URL からアクセスできます。

/static/robots.txt は、http://localhost:3000/robots.txt で利用できます

/static/favicon.ico は、http://localhost:3000/favicon.ico で利用できます

このオプションは robots.txtsitemap.xmlCNAME(GitHub Pages のデプロイに重要です)などのファイルに役立ちます。

このディレクトリは追加の設定をせずに名前を変更することはできません。

Static アセット

assets ディレクトリの Webpack assets を使用したくない場合は、画像を static ディレクトリに追加できます。

コードではルート(/)を基準にしてこれらのファイルを参照できます:

<!--static ディレクトリからの static 画像-->
<img src="/my-image.png" />

<!--assets ディレクトリからの webpack された 画像-->
<img src="~/assets/my-image-2.png" />

Static ディレクトリ設定

必要に応じて nuxt.config.js ファイルで static/ ディレクトリの動作を設定できます。

Static アセットプレフィックス

Nuxt.js をサブフォルダにデプロイする場合(例:/blog/ の場合)ルータベースはデフォルトで static アセットパスに追加されます。この動作を無効にしたいなら、nuxt.config.jsstatic.prefix を false に設定します。

export default {
  static: {
    prefix: false
  }
}

デフォルト: /blog/my-image.png

static.prefix を無効にした場合: /my-image.png

Contributors

間違いを見つけた、またはドキュメントに貢献したいですか? GitHub でこのページを編集する