Renderer クラス

このクラスは、すべての SSR とアセットのリクエストを処理して提供する connect ミドルウェアをエクスポートしています。

フック

特定のライフサイクルイベントでフックを登録できます。

フック引数タイミング
render:before(renderer, options)Renderer クラスのミドルウェアとリソースを設定する前、メソッドやオプションのオーバーロードに役立ちます。
render:setupMiddleware(app) connect instanceNuxt が追加する前のミドルウェアスタックです。カスタムしたサーバーサイドミドルウェアを登録するために使用できます。
render:errorMiddleware(app) connect instanceNuxt のエラーミドルウェアを追加する前、Nuxt のミドルウェアを使用する前に独自のミドルウェアを追加することに役立ちます。詳細については Sentry モジュールを参照してください。
render:resourcesLoaded(resources)レンダラーのリソースがロードされた後に呼び出されます(クライアントマニフェスト、サーバーバンドルなど)。
render:done(renderer)SSR ミドルウェアとすべてのリソースの準備がおわったとき(Renderer の準備完了)
render:routeContext(context.nuxt)render:route フックの前に route がサーバーレンダリングされるたび。 Nuxt コンテキストを window.__NUXT__ にシリアライズする前に呼び出され、クライアントサイドでフェッチできるデータを追加することに役立ちます。
render:route(url, result, context)route がサーバーレンダリングされるたび。リクエストをブラウザに送り返す前に呼び出されます。
render:routeDone(url, result, context)route がサーバーレンダリングされるたび。レスポンスがブラウザに送られた後に呼び出されます。

コントリビューター

間違いを見つけた、またはドキュメントに貢献したいですか? GitHub でこのページを編集する

このページで

Partners

  • Netlify
  • Google Chrome
  • Vercel
  • Swell
  • Strapi
  • Ship Shape
  • Layer0
  • Storyblok
  • 64 Robots
  • Netlify
  • Google Chrome
  • Vercel
  • Swell
  • Strapi
  • Ship Shape
  • Layer0
  • Storyblok
  • 64 Robots
Support Us