Nuxt モジュールの紹介

Nuxt.js は完全にモジュール化されたアーキテクチャを備えているため、開発者は柔軟な API を使用して NuxtCore の任意の部分を拡張できます。

独自のモジュール開発に興味がある場合はモジュールガイドのドキュメントを参照してください。

このセクションは Nuxt 内部に詳しくなるために役立ち、独自のモジュールを作成する際に Nuxt 内部をよりよく理解するためのリファレンスとして使えます。

Core

これらのクラスは Nuxt の心臓部であり、実行時とビルド時の両方に存在する必要があります。

Nuxt

Renderer

ModuleContainer

Build

これらのクラスは、ビルドモードまたは開発モードでのみ必要です。

Builder

Generator

共通

Utils

Options

パッケージング&使用方法

Nuxt はデフォルトですべてのクラスをエクスポートします。それらをインポートするには:

import { Nuxt, Builder, Utils } from 'nuxt'

共通のパターン

すべての Nuxt クラスには nuxt インスタンスとオプションへの参照を持ちます。そのため optionsnuxt にアクセスするためのクラス間で一貫した API を常に持ちます。

class SomeClass {
  constructor(nuxt) {
    super()
    this.nuxt = nuxt
    this.options = nuxt.options
  }

  someFunction() {
    // `this.nuxt` と `this.options` へアクセスできます
  }
}

クラスはプラガブルなのでより多くのフックを登録するには nuxt コンテナにプラグインを登録する必要があります。

class FooClass {
  constructor(nuxt) {
    super()
    this.nuxt = nuxt
    this.options = nuxt.options

    this.nuxt.callHook('foo', this)
  }
}

以下のように fook モジュールにフックできます:

nuxt.hook('foo', foo => {
  // ...
})

コントリビューター

間違いを見つけた、またはドキュメントに貢献したいですか? GitHub でこのページを編集する