Nuxt.js をプログラムで使う

あなた自身のサーバーと共にミドルウェアや API を使いたい場合もあるかもしれません。そういった場合に Nuxt.js をプログラムから利用することができます。

Nuxt コンストラクタ

Nuxt.js に渡すことができるオプション一覧を見るには、設定のセクションを参照してください。

const { loadNuxt, build } = require('nuxt')

// Nuxt を開発モードで実行する必要があるかどうかをチェックします
const isDev = process.env.NODE_ENV !== 'production'

// Nuxt のインスタンスを取得します
const nuxt = await loadNuxt(isDev ? 'dev' : 'start')

// 開発モードの場合にライブビルドとライブリローディングを有効化します
if (isDev) {
  build(nuxt)
}

// `nuxt.render(req, res)` または `nuxt.renderRoute(route, context)` が使えます

手っ取り早く始めるために nuxt-expressadonuxt スターターを参照できます。

デバッグログ

Nuxt.js のログを表示したいときはファイルの始めに次のコードを追加してください:

process.env.DEBUG = 'nuxt:*'

コントリビューター

間違いを見つけた、またはドキュメントに貢献したいですか? GitHub でこのページを編集する